幼児教育振興法って聞いたことありますか? 無償化のテコ入れとして5歳就学の歯止めのためにということで、制定や実現が叫ばれている法律なのですが、全日本私立幼稚園連合会では、この制定・実現のための署名活動も行われておりまして、保護者と教職員がその活動に取り組んでいるようです。

なかなか幼児教育の無償化ということでは、財源不足ということもあって、遅々として進んでいないのが現状ではありますが、このような草の根的な活動をしていくことがまずポイントだと言われております。

保護者や地域住民が一丸となってとりくめば、明るい未来もということあると思いますので、対象となる父兄、教員だけでなく、普通一般の国民でも、少しでも興味関心をもってとりくむこと、この体制が必要かと考えられますね。

富裕層と低所得者との格差という問題もあったりしますが、児童はみな平等に教育の無償化の権利が与えられるべきではないでしょうか?