子供の英語教室って今非常に流行っておりますよね。アメリカンスクールに入れる親もおりますし、個別に何か幼いうちから習わせようって思ったら、まず英語が挙がってくるみたいですよ。

英語とか語学の才能っていうのは、幼児期から開花されるのではという印象が今の母親にはあるようですね。やっぱり脳が活性化されている幼児期でしたら、吸収力も早いからという認識なんでしょうかねえ。

0歳の日本語もしゃべれないうちから習わせているので、その熱狂ぶりはすごいなって思ってしまいますが、この学びについても詰め込み主義ではなくて、音楽と一緒にとか、楽しみながら、自然に覚えられる教室だったりするといいですよね。

ヤマハの音楽教室とかですと、音楽とセットで教えているようなカリキュラムになっているみたいですし。

英語が一番という訳ではありませんから、第二外国語として、早めにちょっと身に着けられたらという観点でみていくといいかと思いますよ。

小学館の英語教室「イーコラボ」